東京事変 Live Tour 2011 Discovery

3日、文化の日。

今だかつてない程の胸騒ぎが起こった文化の日。



列

大変長い行列を横目に珈琲を飲みながら、待機してます。


ここは神戸、三ノ宮。



夢の入口

東京事変 Live Tour 2011 「Discovery」神戸公演に参加してきました。



ボルテージを高める為に、mixiよりセトリをコピーしウォークマンでリスト作成し
日々の車内でも聴き、もちろん神戸までの電車内でも聴いてたのです。

だから、ほとんどは曲順を把握してたハズなのですが・・・
実に毎回驚きとトキメキの連続でありました。



まず、舞台装置が素晴らしい。
スクリーン仕掛けや照明などの凝り方はアートであり、観るものを飽きさせない。


演奏1曲1曲が素晴らしいのは勿論、生で聴いて鳥肌立ったのは

「カリソメ乙女」
「某都民」
「能動的三分間」からの「OSCA」
「群青日和」
「秘密For the DJ」・・・浮雲氏のみのラップと思いきや、一葉氏までも登場!
林檎嬢のリズミカルな足どり&最前列の方との握手にも会場の歓声が沸き起こる。


私の目線は、やはり一葉氏。
彼の一挙一動をオペラグラスで追いかけては、ニヤニヤする始末。
足を動かし、一心不乱に鍵盤を弾きまくる彼から目が離せないのだけど
他のメンバーも実に楽しそうに演奏してるので、視線が忙し過ぎる。
林檎嬢の所作の美しさ、笑顔やMCの可愛さにもきっちり魅了されました。



始めから最後まで5人がキラキラ輝いていて、眩し過ぎた。
ライヴであり、ショウであった。

たった2時間、いえ、お腹いっぱいの濃ゆい2時間をありがとう。
林檎嬢のエレガントな「おおきに」を忘れないよ。




ツアー、あと1箇所参加致します。
きっと鰻上りに上がっているであろうステージの完成度を
もう一度この目で見ることの出来る幸せを余韻と共に噛み締めてます。








青空とゴールド

フツフツと温めていた計画を実行の日。
今回はプラスαもあり。



そう、

来ました

金閣寺です。



秋の緑

ブーツで砂利を踏みしめ、私の心も踊る道。



圧巻

絵葉書そのものの金閣が鏡湖池に映る様が見れた。



ピカピカ

圧倒的なゴールドパワーや輝きを私にもお裾わけして戴きたい。


まるで森林浴も出来そうな境内を歩くだけでも清々しい。

紅葉

ほんの少し紅葉も見られ、緑と赤が綺麗。

どんどん欲が出てきて、今度は雪の降る冬に行きたいな、と目論む。
11月になると紅葉目当ての観光客でごった返すので、フラっと京都の観光は難しい。


次に、歩いて10分程のわら天神へ。

ひっそりと

安産で有名なこちらで義妹のお守りを購入し、お参りをする。

修学旅行生や外人が多い金閣寺と比べると、とても静かで空気が凛としている。
社務所の方の「ようこそおいで下さいました」が気持ちがいい。





その後、市バスで四条烏丸まで移動し、アクタスで元同僚の山田氏と待ち合わせ。
そう、プラスα、です。
歩いて5分の 「NEXTロビンソン」 でランチ。

外は暑いし、喉は乾くし、もうお腹もペコペコ状態。
お腹が空いたー!とわめく私。




黒の趣

女子が好きそうなシックな趣きの店内で、募る話を色々と。



美味!

アンチョビ仕立てのパスタ、凄く美味しかった。
ここは種類の多い焼きたてパンが食べ放題なのも魅力的なお店。




氏は、不動産鑑定士として独立し、パートさんも雇い、それなりに忙しくしているそうでひとまず安心。
超美しい奥様との離婚後、独身女子を紹介したりもしたが、二人のその後も気になるし
散髪に行けていないヘアはそろそろ武士のようだし
きちんと食べてるのか毎日の食生活も気になるし、何かと尋問状態。
共に暮らす猫のミーチョは相変わらずのやりたい放題らしい。
ミーチョ、別名、山田みちお(笑)
満地男だといいなー、とか考える。



またご飯でも行こうね、とお別れして 「ラクエ」 で雑貨などを少しお買い物。
とても美しいサラダボウルが気になって仕方なかったけど、悩んだ挙句断念。
ラクエは、3階のトイレが広くてお洒落です。




充実のお休みを送り
これで仕事も家事も頑張るぞ、いや頑張らないと、
と自分に言い聞かせる充電日。



リフレッシュ

23日。

実家の父母を誘って、「佐川美術館」 に行って来ました。
地元だと言うのに一度も訪れた事がなく、今回招待券を頂いて、ようやくです。


国芳展

お目当ては、浮世絵師・歌川国芳展。


浮世絵など全く知識のない私が思わず足を止めて見入ったのが
「讃岐院眷属をして為朝をすくふ図」というパノラマサイズの1枚。

圧巻

荒れ狂う嵐とワニザメに、鳥天狗。
ワニザメって何!? 鳥天狗を白抜きにする斬新さ。
150年前のこのセンスに魅了されました。

禁令ばかりの江戸時代に振り回されることなく武者絵や風刺画を描き続けた国芳。
まさに破天荒の絵師だったのだと思います。

他にも海の色や藍色がすごく印象的な絵があったり
地獄変相図などの妖怪画も引力が強い。
私はとにかく上の絵が気になり、パノラマポストカードまで購入しましたよ。

前期と後期に分けての作品展示なのですが
後期も見に行きたくなりました。



他の展示室も見て回り、18時。

夕暮れ

メランコリックな空色が現われ刻々と日が暮れる。


この美術館は水に囲まれた建築物なので、佇まいが美しい。

綺麗

基本的に17時閉館だそうですが、この日は特別。





もう一つのお目当てが、美術館のライトアップとトワイライトコンサート。

コンサート

とても寒くて、少し観賞して退散。


ロケーションと雰囲気はいいのですが
音楽は特に心を打たれるようなものではなく
私は、美術館の壁に映るブロンズ像の影のシルエットに見入ってました。

帰りの車内でその影の話ばかりすると、旦那に「お前の接点てずれてない?」と言われましたが。


リフレッシュできたひとときでした。


何が何でもの一日

昨日は、私にとって前から楽しみにしていた日。

であったので、何が何でもこの日までに腰をどうにかする!
四つん這いでも行くんだ!と意気込んでいた。



そんな目標があったので、腰の状態もかなりマシになりました。
ご心配をお掛けしました。






お愉しみ"昼の部"として
京都市美術館 のフェルメール展へ。

お久しぶり


しかも

特別感タップリで

頂いたチケットは、休館日利用の特別内覧会。


開催前からチェックしていただけにチケットの話が出た時には飛びついてしまった。
特別内覧会では、普段有料の音声ガイドまで無料で貸し出してもらい
展覧会をガイド付きで見ることができるのです。
娘たちと一人ずつ音声ガイドを装着し、隅々まで満喫。

今回は「フェルメールからのラブレター展」とあって
どれも「手紙」をテーマにした作品ばかり。
フェルメールの作品も3点展示、国内初披露の作品もあり、かなり貴重。

若くして亡くなった彼の作品は約35点程で、そのうち6分の1が手紙を主題としていることからも
この時代で「手紙」という手段が、いかに親しまれていて「旬」だったのかがわかる。


青衣の女

この絵は、思ったよりもフェルメールブルーが綺麗すぎて、女性が暗く見えた。


ウルトラマリンのブルー使いや光の射し方を実際に見たかったのが一番の目的だったけど
手紙を読んだり、書いたりする人達の表情や構図が、図り知れないほど程奥深いものだと知った。

手紙という手段は、やっぱり私は今でも好きであり
筆を走らせたり、封を開けて読む仕草も、とても色っぽい所作だと再認識。


この展示会で、また誰かに手紙を書きたくなったのでした。









そして、"夜の部"。

夕暮れ

琵琶湖畔のパイプ椅子で、意外と涼しい風に吹かれて夏の風物詩を待つ。




19:30、アナウンスと共に琵琶湖大花火大会の開始。

いきなりの20号玉の打ち上げに、度肝抜かれる。
去年の最大サイズ10号玉より大きな、本当に大きな迫力のある花火でした。
見上げるのに必死で、写真を撮る余裕はありませんでした(笑)





鮮やか

真っ暗な空が鮮やかに彩られ、





お気に入りの冬のテーマの花火

胸に響く音と共に、この夏をしっかりと刻みつける。



燃える湖上


終盤の水上スターマインは凄い迫力でした。


フィナーレではまるで夜空が燃えてるよう。
江のテーマ曲と共に圧巻でした。
また来年も間近の有料席でたっぷりと花火を堪能できたら、と思います。


嗚呼
充実した夏の1日でありました。





そして、今夜も地元の花火大会にボチっと行ってきます。



「バムとケロ」 サイン会

30日、土曜日。


土砂降りの雨も上がり、娘たちは夏祭りへ。

行ってきます

おばあちゃんに買ってもらった浴衣が着れてルンルンの二人。

それぞれ友達と約束があるようなので、私は家でゆっくりさせてもらいました。





31日、日曜日。


朝8時に慌てて家を出る。
本当は8時半に出るつもりだったけど、そうしなくてよかった・・・。




好き

高速使用で30分には京都伊勢丹に到着。

ダンナも巻き込み急いだ訳は、10時からの「バムとケロ」の作家のサイン会の参加券争奪戦。
楽しみにしていた原画展と共に、せっかくだし、と欲が出てしまったのです。
大階段の7階まで娘たちと急いで上り、息を切らしての到着。

凄い人

既に大勢並ばれていて、私たちは写真右上の10段目。

100枚しかない参加券の為に、ゲットできるかもうドキドキで。
隣の大阪からお見えだったご家族とお話をしたりしながら1時間半待ちました。
振り返ると、私たちの倍以上の人、人、人。


ホッ

無事に、というかギリギリで90番と91番を頂きました。


そして、サインしてもらう本を選び、ポストカードなども購入し
原画展に進むのですが、ハンパない混雑さ。

ラフスケッチなど展示してあり、内容的には満足なのだけど
もう少し展示方法など凝ったものを期待してたので、ちょっと残念。
伊勢丹だし仕方ないのでしょうか。
ユリア・ヴォリさんの色彩がとても素敵でした。



サイン会まで時間があるので

腹ごしらえ

サクっと腹ごしらえに向かう。



今まで何度か来たけど行った事のないお店にしよう、と

スープが美味。

まずは宝屋。


その後

黒い!

一幸舎の黒ラーメン。

はしごする気だったので、どちらも皆で分け分けです。




そして浮かれた気分のまま、7階の美術館脇に向かう。
隣だった大阪のご家族とも再会し、
互いに長い道のりでしたねぇ、とねぎらい笑い合う。

係員の方によれば、一番早い方はなんと6時台だったそうで、ビックリ。







ようやく

ご対面

出番が来ました。



ガン見

丁寧に素早く書かれてる手つきに、見とれてしまいました。

握手もしてもらい、娘たちも目がキラキラしてました。
何度も何度もサインを眺め、絵本を抱き締める。





おじぎちゃん


ケロちゃん

イラストまで入り、娘たちの宝物になりました。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。