変化?

先週末、京都の専門学校時代の友達と二人でランチ。
友達がチョイスしてくれたお店は開店時間が遅くて雨の中待ってるのもつらいので、四条を全然知らない私を急きょ近くの「ロビンソン烏丸」へ連れていってくれた。
シックな色合いと中庭の景色も素敵な雰囲気のいいお店に既にうっとりの私。

ロビンソン



パスタランチにお替り自由の焼きたてのパンなんかも選べて、かなりお腹いっぱい。
1_20090711132629.jpg

3_20090711132649.jpg


ガールズトーク(まだまだガールズ?)は止まらず、家の事、同じ子宮内膜症の事、学校時代の事、ダンナ話、ワンコ話・・・・と、しゃべくりました。
昔から驚いた時に必要以上に眉間にシワが寄る私が、案の定眉間にシワを寄せてると、欠かさず
「寄りすぎーーー!!」って言う彼女。
いやぁ、いい友達を持って幸せ。

うちのダンナも彼女も専門学校時代はみんな仲良いメンバーだったのだけど、ずっと今まで冷酷な印象を持ってたらしいうちのダンナの意外な一面を最近見て、彼女は涙が出そうになるほどびっくりしたらしい。
人は家族を持ったり、取り巻く環境が変わると、新たな自分へと変化していくのだろうな。


今まで「ほんまに犬飼うのか」と言ってたダンナも、今では「もう1匹キャバリアを飼いたい」などと言う人へと変化しているから不思議。
変化というか・・・今まで潜在的にあった自分の一面が出てきただけなのかもしれない。


ノルウェイの森が映画化されると聞いて、昔読んだ文庫本をまた読み返した。
感受性豊な青春時代に読んだ本だけあって、今読んでがっかりとかしないか心配してたけど、なんてことはなかった。
やっぱりあの頃のままの気持ちに戻れたし、いいものはいい。
残しておきたい感情や気持ちは変化しないでほしい。




くるりは、最近すこーし落ち着きを見せるようになったかも。
相変わらずどんくさい面があるにせよ、バタバタしてた動きが少ない。
人と出会った時に飛びついてたのも少なくなり、オスワリして尻尾を振るようになってきた。
お姉さんへと変化してるのね。


そして、最近結構フサフサ犬になってきた気がする。
以前にも増して脇の下にもダーマーさんできるから、隅々までチェックが欠かせない。
4_20090711132710.jpg


そろそろトリミング予約かな?
5_20090711132731.jpg
スポンサーサイト

Comment

ああ、なんて共感できるんだろう…。
今までの10年って少しづつ気付かない程の変化があって、
その集大成がドンって感じで今来てるんだよなぁ。

家族のコト、体のコト(排卵痛で死にそうよ!)、ワンコのコト…。

特に学生時代からの友達とだとお互い新発見(コッチにとっては当たり前のコトなのにね)
できて新鮮だったりね。

それにしてもくるり嬢はキレイになってきたね。
どうしてもグリ女の子バージョンに見える。
いや、グリがくるり嬢男の子バージョンなのか?
眉間に入る深い溝とか似てない?
あ!あたしも眉間にしわ寄せるクセがあるの。
学生時代からの友人に指摘されるのも一緒♪
  • 2009/07/14 17:52
  • ぐりこ
  • URL
★グリ姉さん★

この感じに共感できる姉さんがいて、物凄く嬉しい!!!
うぅー排卵痛まで同じ!!!
毎月の排卵時は、仕事休みたくなる私・・・

学生時代の友達と昔のことから今の話まで共有できる感覚って楽しいんですよね。
放っておいたらいつまででも話せる空気が心地よく漂っておりました♪
なんかこの年になって色々振り返ってる自分がいる。


2度のヒートを経て、くるりも多少女らしくなってきたのかな?
キレイだなんて言ってもらえると何故か私が照れてしまってます(笑)
・・・やっぱグリ君と似てるのは以前から思っておりました~~~!!
耳の位置とか目の感じとか茶と白の配分とか☆
眉間の溝・・・おぉ!似てるーーーっ。(さすが姉さん、これは気付かなかったぁ)

似てるお互いをいつかご対面させたい・・・


Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。