キャンプでリフレッシュ

岐阜県ひるがの高原に二泊キャンプに行って来ました。

標高差と、サイトを囲む樹々により木陰がとても涼しい。






フリーなので小川の傍のサイトにセッティング。


冷たい小川に足を浸したり、スイカを冷やしたり、
コットに寝転び本を読んだり、眠くなれば眠っちゃう。
小川が流れる音とひぐらしの鳴き声、落ち着く。







カレーは、玉葱とゴボウをピューレにしたのを冷凍して持参。
甘みが増しトロリとして美味しいカレーでした。
前日から仕込んだピクルスも一緒に。


いつも家電に頼りっぱなしの我が家にとって、今回初めての電源無しキャンプ。
ランタンの灯りで夜は過ごし、寒い位の気温になるので、扇風機は要らない。
意外と順応して、過ごせるものでした。







広大な森のドッグランで走ったり、
天然温泉に足を伸ばして、肌にまとわるお湯を堪能。



自然の中にちょっとスペースを借りて、
普段凝っていた私の中の部分がするりと溶解したのでした。


そして、キャンプのお土産、虫刺され!
水ぶくれまで出来て只今苦しんでおります。
スポンサーサイト

Comment

No title
へぇ、楽しそうだね☆
何より「涼しい」ってのが魅力的♪

俺は子供の頃に子供会で行っただけだなぁ。
もちろん娘達は未経験。
文明からは片時も離れられない感じだよ(^o^;)
  • 2012/08/19 16:22
  • blackjack
  • URL
  • Edit
兄。
キャンプ場に着いて車降りた時にまず
「うわぁ、涼しい!」の一言が出たよ。

私は小学校時代は毎夏は家族でキャンプだった。
海だったから、暑くて仕方ない記憶が強いね。

自然の中でキャンプすると、便利な暮らしから
離れてリセットされる感覚が大きいね。
子供達も家の有り難さが滲みるみたい(笑)
  • 2012/08/19 18:41
  • ともboo
  • URL
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。