流れる

  

インフルエンザの再来、
花粉症の横行など
くしゃみや鼻水と共存しながらも
3月はひたすら流れております。




何にも考えたくない夜は
ひたすらくるりのブラッシングをしてしまう。

丁寧に丁寧に、毛をとかす。



ついでに


ヘアー

たまには前髪も作ってみる。

あかりによると
「リカ(byカーネーション)のズラそっくりやーん」だそうです。





そして
本を読みたい熱が高まってきつつあるので
西加奈子の【しずく】を読み
沼田まほかるの【アミダサマ】に入りました。


週刊の川上未映子のエッセイ【発光地帯】も
日常を綴る彼女の言葉が好きで毎週の楽しみだった。
もう少しで終わってしまう事が寂しいんだけど、世の常なんだな。

始まったものは終わる事がまだ上手く馴染めず
ぼんやりしてる春の夜でもあります。









スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。