優しい路地@京都

思いつきで京都へ行った。
思いつきと言っても、一応目指す場所はあったんだ。

しかし思いつきなので、京阪に乗ればいいものを地下鉄で行ってしまった。


鴨川

四条烏丸からひたすら東へ歩き、ようやく鴨川。



暑い京都で歩き疲れ、足が痛い。
早々と休憩をするために下調べしたお店にルンルンで向かう。



花見小路

まず花見小路を下がっていく。




道標

路面には扇の入った祇園らしい粋な道しるべ。




路地裏

見落としてしまいそうな路地を入り、のれんをくぐると




NITI

素敵なカフェ 「祇園 NITI」 がある。




NITI

落ち着いた色合いでまとめられ洗練された店内に




NITI

小さな坪庭があり、レトロなかき氷機も見える。




NITI

丁寧に煎れて頂いた熱いコーヒーを飲みながら、小説を読むの幸せ。


短編小説1話を読み終え、ちょうどいい休憩になりました。
足も休まり、よし行こうか。




お店を出ると、玄関までお店の方がやんわりと見送ってくれた。

路地を撮ろうと少し歩き振り返ると、まだ見送ってくれてた。ニコリ。
路地の角まで歩き、再度振り返ると、まだお店の方が見送ってくれてた。ペコリ。
お互い笑って会釈して、さようなら。ありがとう。

いいお店だったな。
ほんわりと優しい気分に包まれた花見小路でした。





四条通りに戻り、少し東に進むと


何必館

「何必館」という美術館がある。




玄関

そう、エリオット・アーウィット展を見に来たのです。


美術館の中に入ると、四条通りの喧騒がシャットダウンされた静かなひとときが広がる。
地下1階から5階まで展示してあり、エレベーターで移動するのも面白い。
ビル上階には緑と光の坪庭まであり、そこでエリオットが撮影したモノクロ写真の館長も展示してあった。

エリオットは現在80歳を過ぎたおじいさん。
どうやら数少ないコマ数しか撮らないそうだ。
彼の撮った一瞬一瞬は微笑ましくもあり、切なくもあった。



帰りは、寄るべき所があるので、やはり四条烏丸まで戻らなきゃならない。
どう進むか迷ってたら、市バスがやって来た。
これはとっても快適。


次回は秋のうちに金閣寺を訪れたい。
また市バスを活用しようかな。

秋、万歳。






スポンサーサイト

Comment

思いつきで京都に行けるなんて本当にすごくすごく羨ましい!

風情のある街並みと美味しい珈琲と小説のセットは最高ですね。
  • 2011/09/29 23:22
  • momo
  • URL
垂涎
「秋の京都」だなんて、ヨダレが出そう(笑)

来年か再来年には行くと決めてる!!
  • 2011/09/29 23:27
  • blackjack
  • URL
  • Edit
momoちゃん。
↑ちゃんで呼んじゃった!照

京都、隣の県だけど意外と近くてね、最寄駅から
15分で行けるのよ。
と言いつつ田舎だから最寄駅まで遠いの(-_-;)

日々の生活から少しだけ離れて
一人で京都で珈琲飲んで小説読むのって贅沢だよね。
束の間の贅沢を噛みしめて参りました。
  • 2011/09/30 19:34
  • ともboo
  • URL
兄。
セントバーナードのようによだれ垂らしてたのね(笑)

夏の京都は暑いから、少し涼しくなると
行きたい気分がアップします。
昔は京都の学校通ってたし、バイトも仕事も京都だったけど
めっきり行かなくなって、大人の京都に目覚めたよ。

秋は京都日和だね♪

  • 2011/09/30 19:39
  • ともboo
  • URL
私も先日、Elliott Erwitt展行ってきました(*^_^*)
ネットでは見たことありましたが、写真を生で見るのは初めてで感動・・・
館長さんの写真も、すごく良かったですね
そして帰宅後、写真集を大人買いしました
  • 2011/10/01 03:02
  • フランチェスカ
  • URL
フランチェスカさん。
共感できる方がいて嬉しい♪
写真集大人買いされたんですねっ

私、エッフェル塔がバックのパリの写真が
好きなんです。
引き伸ばしたものを探そうかな。



  • 2011/10/03 17:10
  • ともboo
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。