リフレッシュ

23日。

実家の父母を誘って、「佐川美術館」 に行って来ました。
地元だと言うのに一度も訪れた事がなく、今回招待券を頂いて、ようやくです。


国芳展

お目当ては、浮世絵師・歌川国芳展。


浮世絵など全く知識のない私が思わず足を止めて見入ったのが
「讃岐院眷属をして為朝をすくふ図」というパノラマサイズの1枚。

圧巻

荒れ狂う嵐とワニザメに、鳥天狗。
ワニザメって何!? 鳥天狗を白抜きにする斬新さ。
150年前のこのセンスに魅了されました。

禁令ばかりの江戸時代に振り回されることなく武者絵や風刺画を描き続けた国芳。
まさに破天荒の絵師だったのだと思います。

他にも海の色や藍色がすごく印象的な絵があったり
地獄変相図などの妖怪画も引力が強い。
私はとにかく上の絵が気になり、パノラマポストカードまで購入しましたよ。

前期と後期に分けての作品展示なのですが
後期も見に行きたくなりました。



他の展示室も見て回り、18時。

夕暮れ

メランコリックな空色が現われ刻々と日が暮れる。


この美術館は水に囲まれた建築物なので、佇まいが美しい。

綺麗

基本的に17時閉館だそうですが、この日は特別。





もう一つのお目当てが、美術館のライトアップとトワイライトコンサート。

コンサート

とても寒くて、少し観賞して退散。


ロケーションと雰囲気はいいのですが
音楽は特に心を打たれるようなものではなく
私は、美術館の壁に映るブロンズ像の影のシルエットに見入ってました。

帰りの車内でその影の話ばかりすると、旦那に「お前の接点てずれてない?」と言われましたが。


リフレッシュできたひとときでした。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。