書物

先日、同僚のマユコ嬢にダビングしてもらい、ようやく 「TAROの塔」 を観終えた。

松尾さんはじめ役者は皆素晴らしいのだが、私はどうも岡本太郎の母の
「岡本かの子」という人物が気になり止まないので、引き寄せられるように本を注文した。
かの子繚乱
母性など全く兼ね備えてないのに、岡本太郎という鬼才を造った人。
読み進めていくと、繚乱、というか狂乱すぎる「かの子」の人生に惹きつけられてます。



夢中に読みふける私の傍で

寝るのダイスキ

眠る子。


連休前は、少し浮かれる。




スポンサーサイト

Comment

途中リタイヤいたしました...

連休となっ!?

  • 2011/04/28 21:51
  • めぇ
  • URL
■めぇ殿■
ワタシ、結構好きで
全部観てから、再度観直したりもしちゃった。
松尾さんのTARO,とその母に釘付け。

GW,10連休ではないけど、ちょっと楽ちん。
後半にはキャンプ予定なの。
No title
そーなんだ、かの子。
ごほんがあるのね、気になる!!
探してみる!

ワタシもTARO結構すきでした
よい連休をーーっ!
  • 2011/04/29 18:05
  • こてつ。
  • URL
■こてっチャン■
ご本、沢山あって迷いつつ
まずは、読みやすそうな伝記ものにした。
この本、文庫版でね、かなり厚みあるの。
いつまでかかるやら・・・。

TARO、予想以上に好きだったなー
共感嬉しい!
こてっチャンも良き連休をネー♪
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。