ぶらり立木山

この冬一番の大寒波。
勝手口から見た冬の空がきれいだった。
まだ雪は降っていない。






先日、旦那とくるりと近くの立木山へ厄除祈願のお参りをしてきた。




正面ではなく、裏手の参道がいつものコース。
片道20丁、約2キロ。(1丁は約108mだそう)





途中休憩も挟み、50分程で到着。





いいお天気でしたが、風が結構吹いてましたので、揺れる耳毛。

かなりの賑わいの立木山だったので、また2月にもゆっくり訪れたいと思います。



昨日は、寒い寒いと、ホカペでゴロゴロ。
くるりと転がりながら本谷さんの新刊を読む至福の時間。






降るかもしれない雪に気をつけながら、今日も過ごしたいと思います。





スポンサーサイト

花火と避暑地キャンプ


更新できない日が重なり
どうやら夏真っ盛りです。





8月8日、雷雨で開催を心配された琵琶湖大花火大会。
会場に着くと、雨は上がり、ピンクの空。





ラストもいいけど、始まりが一番スキ。
みんなが空を見上げて歓声を上げる瞬間、夏でよかったと思う。





お盆休みは、長野県寄りの岐阜県でキャンプ。
高山市街から1時間半も車を走らせ
不安になる山道を越えた所にあるキャンプ場。




さすがの標高1500mの恩恵を受けながら、
たっぷり快適に過ごさせてもらいました。

というか夕方から朝までは寒くて
毛布にくるまり、靴下を履いて眠りました。





朝はパンケーキを焼いたり、昼間は脚だけプールに浸かる。


ハッカ油スプレーも作り
蚊やブヨ対策を念入りに準備したけど
いてないの?という位で刺されず。





いつもに増して食いしん坊が増す我が家。





木陰で昼寝をしたり
真夜中に流星群を眺めたり(感動)、
とにかく今までで一番気持ちよくのんびりできたので、
夏の避暑地3泊もいいなぁと思ったキャンプでした。


贅沢

ここのところの記録。


母と二人で初めて京都へ。
(そうだ、初めてなんだ、と再確認)




以前友達と訪れて定休日だった 【然花抄院】 へ再度。

一文字瓦に虫籠窓、犬矢来的な囲いの門構え、
ご商談にどうぞと蔵があったり、惹き付けられる要素ばかり。

お庭を見ながら、抹茶と然カステラを頂きました。
(丹波の黒豆を食べて育ったという鶏の卵、黄身の濃さを実感!)



ランチには灯りの素敵なロビンソン烏丸にて。




母には色々ご馳走になってしまいました。
いつもありがとう。



夜は、ダンナが魚屋で注文していたという寒ブリを。
ブリしゃぶやお造りで堪能しました。
大きく切られたひと切れが贅沢さを醸し出していて
旬ゆえの旨みは絶妙としか云いようありませんでした。




昨日は、家族で電車に乗り大阪へ。
義父母や旦那の妹夫婦と合流し、娘たちは皆とヒルトンへ1泊。



私と旦那は、くるりの待つ我が家へ帰ります。



大阪では、ワガママ云わせていただき
私だけ別行動の時間を過ごしました。


E7949FE3818DE381A1E38283E381A3E381A6E38081E381A9E38186E38199E38293E381A0のコピー

以前から楽しみにしていた、松尾さんの一人芝居。


一人芝居ってどうかな、とか
メルマガでも体力的にキツイと書かれていたし・・・
チケットも激戦てほんまかしら、と
案外消極的に挑んだ観劇でしたが
もぉ全面撤回いたします。



とにかく、観てよかった。



5人の人物を見事に一人で演じきり
センスがあり、笑い処満載で
最終的にきちんと集約されるあたり
風刺が効いたセリフも冴えていて
最後は、Gloria Gaynor の「I Will Survive」が流れ
走る100歳(チラシ↑衣装)の松尾さん。

泣いていたのは私だけじゃないと思われます。


今年最後の舞台鑑賞、これまた贅沢な時間でした。



皆様、よいクリスマスを!








近況と、冬キャンプ

月日が流れるのは早いもので
気がつけば11月半ばです。


その間に



父主催のピアノ発表会のお手伝いがあり

怒涛の資格試験があり
舞台鑑賞もありました。

劇団「本谷有希子」の舞台「遭難」。
幸運にも最前列での観劇のおかげか3割増しで大満足。
自分が一番カワイイ?
トラウマって何?
自己防衛?
人間の弱さが渦巻く2時間でした。
やっぱり舞台は面白い。





先週末は、キャンプ。
いつもの伊勢志摩エバーグレイズ。



コールマンとのコラボサイトなので敢えて荷物は少なく
厳選されたアイテム庫のギアを使います。

LEDランタンを試せたのがよかった。


いつもはマンガやDS三昧の娘達が
キャンプだと戦力になって手伝ってくれる。
なかなか良い時間です。



くるりと共にカヌーに乗り
ステーキや牡蠣を焼き
ビンゴ大会に参加し
チョコフォンデュにUNO、ホットワイン。

冬キャンも楽しまないと。





ホカペを敷いた居心地のいいテントから
顔だけ出して私を呼ぶくるり。


予報に合わせ朝の7時までにテントを撤収。
雨に濡れずにチェックアウトできたのは幸いでした。



またゆっくりキャンプしたいな。



どんどん寒さが増しております。
少しでも冬を楽しめるよう冬支度をしたいと思います。











キャンプでリフレッシュ

岐阜県ひるがの高原に二泊キャンプに行って来ました。

標高差と、サイトを囲む樹々により木陰がとても涼しい。






フリーなので小川の傍のサイトにセッティング。


冷たい小川に足を浸したり、スイカを冷やしたり、
コットに寝転び本を読んだり、眠くなれば眠っちゃう。
小川が流れる音とひぐらしの鳴き声、落ち着く。







カレーは、玉葱とゴボウをピューレにしたのを冷凍して持参。
甘みが増しトロリとして美味しいカレーでした。
前日から仕込んだピクルスも一緒に。


いつも家電に頼りっぱなしの我が家にとって、今回初めての電源無しキャンプ。
ランタンの灯りで夜は過ごし、寒い位の気温になるので、扇風機は要らない。
意外と順応して、過ごせるものでした。







広大な森のドッグランで走ったり、
天然温泉に足を伸ばして、肌にまとわるお湯を堪能。



自然の中にちょっとスペースを借りて、
普段凝っていた私の中の部分がするりと溶解したのでした。


そして、キャンプのお土産、虫刺され!
水ぶくれまで出来て只今苦しんでおります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。