サヨウナラ。

  • Day:2009.11.15 22:50
  • Cat:病院
無事に避妊手術、終わりました。

今回は病院と相談して、残ったままの乳歯の抜歯処置と鼻涙管の処置、内臓系の血液検査も一緒にしてもらう事に。

前夜はいつもより遅めに、多めに食事を与えた・・・けど、当日の朝はすっかりごはん食べる気満々でキッチンでオスワリしてる。
犬の絶食は、言葉が伝わらない分、思ってたより大変だと感じた。
結局、私も朝食抜きで、病院へ。
どこへお出かけするだろうと、ウキウキ気分で車に乗り込み、そのうちウトウト。

車内


病院でも、他の犬に愛想振りまき、まだ様子がわかってないくるり。

お膝で
次第に、私の緊張感が伝わったのか、膝でずっとオスワリしてた。



そして、夕方迎えに行くと、トロンとした目で不安そうな顔しながら、抱っこされて戻ってきました。
ずっとずっと心配だったけど、何とかホっとした瞬間だった。
留守番も多いしエリザベッスは無理かも・・と少し思ってたので、包帯のような伸縮素材の病院手作り傷舐め防止お洋服でお願いすることに。
医師から手術の説明や術後の過ごし方を説明してもらい、「見ますか?」と聞かれ、「是非に」とお願いし、摘出した子宮と卵巣も見せてもらった。
とても小さかった、くるりの子宮。
今までありがとう、さようなら、と言いながら、お別れしました。


帰宅してからは、水と少しのフードを時間空けて与えることができたけど、水も受け入れなかったので、結局フードも食べなかった。

とにかく、私にくっついていたくて、今まで見たこともない程の甘えっぷりでした。
余程寂しかったのか、それはもうぴったりとくっついて。


甘えぷり
   向こうにあかりの足が・・・汗。

足上
        時には、どっかりと。


術後
               目はずっと虚ろ。


夜中に寝る位置を変えては「ヒーン」とかぼそい声で泣いてた。
傷口が痛むみたいで、何度か目を覚ましてた。
眠たいのに、痛くて眠れない様子だった。



しかし、翌日はいつものくるりの顔に。

水を飲み、食欲出てきたのか、キッチンをヨタヨタ歩き回る。
ササミを混ぜて、もちろん病院から出された4種類の薬も混ぜ込み、いつもの半分の量の食事にしている。


今のところ、フードに混ぜるだけで薬もきちんと飲めてる。
吐いたりはしていない。
抜歯箇所の消毒も美味しいのか?嬉しそうに出来てる。
順調に回復しているのがとても嬉しい。

皆さんから教えてもらった言葉通り、翌日には元気になってる犬の回復力の早さにびっくり。

心配で仕方なかったけど、凄く元気になってるくるりを見ると、無事に終わってよかったなぁ・・と思います。
励ましの言葉頂いた皆さん、心強かった。
アリガトウゴザイマシタ!!

スポンサーサイト

インフォームド・コンセント

  • Day:2009.03.05 21:48
  • Cat:病院
今日は仕事休み。
休みの日がすっきり晴れだと、気分も爽やか。
いくつかの所用を済ませ、くるりの病院に行った。


今回は・・今まで通ってた病院とは別の病院へ。
たまーに出会う散歩友達のコーギーの子から「いいよ」と聞いてたので、とにかく行ってみた。

この病院のHPに穴が開くほど何度も見て、今までの病院と違うポイントはこんな感じ。
①待合いがゆったり。
②先生は3人体制。
③ドッグラン・トリミング有り。
④検査設備などの充実。
⑤整形外科部門に強い。



さて・・・



blog1_20090305191822.jpg
待合いは前の病院と比べて確実にゆったりな感じ。
ドッグランは思ってよりずーーっと狭かったけど、案外遊べた。



blog2_20090305191844.jpg
明るくキレイな雰囲気で、娘達は「いぬのきもち」読み放題。
ドアが3つあるけど、どの診察室から呼ばれるのか、少々ドキドキ。

診察台にあがると、尻尾フリフリ、院長先生と助手の女の人に愛想ふりまき、嬉ションする始末。
まずは、診察台のくるりのシッコを拭く作業から院長先生がしてくれた。オハズカシイ。


こっちの希望する診察内容としては、止まらない涙やけと健康相談。
以前にめぇさんの記事で鼻涙管閉塞のコトが書いてあって、ずっと気になってた涙やけ。
いつもの病院で相談した時は「子犬だからねぇ。」と言われ終わってしまったの。
え?

今回の病院では、すぐに「検査したコトがないなら、とにかく検査しましょう」と言われた。
そう、その言葉を待ってたんだ。
眼球染色フルオル検査という検査をしてもらい、やはり鼻涙管閉塞だった。
鼻から抜けるハズの検査液が、全く抜けなくて、5分たっても10分たっても、ちっともダメだった。
(結局帰りの車内で、涙に混じり検査液が出てきた。やっぱりこうなるのね・・・)
今すぐに鼻涙管を通す措置もできると言われたけど、そこまで判断する度胸もなく・・今のところ結膜炎や角膜に炎症を起こしていないし、涙やけがヒドイというだけなので、目薬をもらってきた。

体重も測り、少し肉付きポヨっとしてるけどキャバはそういう犬種だから、これくらいで大丈夫、と言われ安心。血液検査やエコーは、次回以降の狂犬病注射の時に合わせてする程度でいい、と。
そのほか、乳歯が抜け切れずに永久歯がかぶせて生えてきてる箇所がみつかったりしたので、今回はここの病院に来てよかった、と思う。
乳歯は、避妊手術の時に抜いてもらえるそうです。


総括すると・・・
じっくりと診察するスタイルがよかった。
あれもこれも聞きたいけど聞けないオーラはなくって、急かされている感もなかった。
その上、院長先生はHPで見るよりイケメンだった(笑)←これって死語?

少し遠いけど、ここにお世話になろうかと検討中。


3_20090305191738.jpg
お会計待ちの間、ドッグラン貸切状態で、せっせと追いかけっこをしてました。




涙やけ、こまめにケアしなきゃねー
blog_20090305191758.jpg
牛アキレス堪能中。

狂犬病注射

  • Day:2008.10.22 18:56
  • Cat:病院
今頃ですが、先週やっと狂犬病注射を打ちに、動物病院へ行って来ました。
この日は土曜の午前だったせいか・・・すごい混み具合・・・(汗)
9組目だと言われ、待ち組の方々と同じく病院玄関で待つことに。
車で待ってても良かったんだけど、外は気持ちいい天気だったので。

病院玄関には、ハスキーとボーダーコリーとプードル、コーギーがいる中、ドキドキしながらくるりもその輪の中に入って行き、何とか鼻でクンクンご挨拶しました。
くるりと仲むつまじい感じだったコーギー君はくるりとほぼ同じ月齢で、同じく狂犬病注射に来られてました。

病院


ハスキーとボーダーコリーはめちゃ大きくて、途中ケンカっぽく噛み付いたり(じゃれてたと思うのですが)するので、近距離にいる私達は、もうビクビクもので・・・
大型犬はやっぱり迫力ありますねぇ。
ハスキー君が私の目線30センチの所に堂々と座ってこちらを見てたのですが、キリッとした鋭い目で見つめててちょっと怖かったけど、格好よかったです。

だんだんと待ちくたびれたくるりは、待合室に入ってもしおりの腕の中でウトウトしてました。
そのおかげか、注射の時も泣かなかった!
(眠かったから?)
この病院の印象としては、気さくな先生なので質問には十分に答えてくれるし、時間とかも気にしていない様子なので、診察も慌しくなくいいのですが・・・その分混んでると恐ろしく待つ事になります。
結局、病院に到着してから2時間程かかり、病院を後にしました。
お疲れ様・・くるり。

¥お会計
狂犬病注射・・3200円
フィラリア予防食(2ケ月分)・・・1500円(来月分は体重かわるとの事で1000円に)
フロントライン・・・1200円
市への登録料・・・3000円
合計・・・8900円



さて、昨日の朝の散歩では、田舎道をいっぱい走り回ったくるり。
この辺りは農地が多い中に神社があったり、すごくゆったりしています。
鳥の声や花の匂いをくるりも感じている様子。

一度正面から写真を撮りたかったので、何とか撮れたかな。
0905 011-2


アップにして見ると・・・
すごく楽しそうな顔してる。
今日は雨で大好きなお散歩行けないけど、明日は行けるといいね☆
0905 011-3

日曜の病院と買い物

  • Day:2008.09.21 17:06
  • Cat:病院
今日は日曜だと言うのに、朝からくるりの左目の調子がおかしいので、動物病院に行ってきました。
左目がトロ~ンとはっきりしなくて、両目均等に開いてないのが気になり・・10時に家族全員で病院へ。
日曜は10時から診察の病院に10時に着くと、何台もの車の数を目にする。
5組目だと言われ、車で待機。
小さな病院の小さな待合室は人で溢れていて、外や車内でも結構待機してる人を見た。
結局30分位待って、診察室へ。

「充血はあるけど、目に傷もないし、たいした事はない」と言われ、ホッとした。
薬を入れてもらい、念のため目薬も出してもらう事に。
そして、フロントラインもほしいので出してもらう。

¥お会計は・・・
目の診察料・・・500円
点眼薬・・・  1000円
フロントライン・・1200円
合計・・・    2700円

blog2_20080921163816.jpg
初フロントラインなので緊張するけど、秋の戸外や公園でも思いっきり遊びたいので、これから挑戦してみます。

動物病院の次に、草津にある、ディオワールドのペット館へ行って来ました。
くるり、初のお店探検です。
ウロウロとリードで連れていると、色んな犬に出会い、吠えまくるマルチーズやダックスフンド、怖がるチワワなどと出会い、「あぁ、こういう反応もあるんだぁ」としみじみ思ったり。
くるりは、いつも変わらず案外怖がらずに近寄って挨拶をしに行くんだけど、吠えられるのが多く、しょんぼりな様子。
そして、可愛いキャバちゃんの女の子にも出会い、挨拶にクンクンと寄っていくくるり。
このキャバちゃんは1歳と4ケ月だけど、小さめで5キロないそうで、もっと太ってほしいと飼い主さんはおっしゃってました。ちょっとビクビクおとなしいキャバちゃんで、くるりが近寄ると微妙に後ずさりしてました。

伸縮リードとハーネスを買いに来たのですが、結構色々種類があって、かなり迷いました。
くるりは、疲れたのか店の床でウトウト寝そうになってるし、さっさと決めなくちゃ!と焦り・・・焦る3

結局無難な伸縮リードと、ハーネスとそのハーネスとお揃いのリードまで買いました。
↓写真はハーネスとリードです。
blog3_20080921165608.jpg

家に帰って、やっとくるりも落ち着いてオシッコとウンチもして・・・
現在こんな感じです・・・zzz
ペローン

ご飯の時間なのに、全く起きません。
病院と買い物でお疲れ様でした、くるり。

押してもらえると感激です。
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ






3回目ワクチン接種

  • Day:2008.08.26 23:06
  • Cat:病院
はい。
前回からきっちり今日で3週間たつので、やっと3回目の注射です。
今回はダンナにも早めに帰ってきてもらい、家族全員で挑みますkao02・・なんて気合いの入りよう汗とか

今回も行く前にウンチしたので、検便検査用に持って行く。
病院もちょうど次の順番ってところだったので、ホッとする。

☆体重は3.2キロ。
注射の一瞬だけ「キャーーン」と鳴いたくるり。
おしりを床にこするような変な歩き方をすると言ったら、先生が肛門絞りをしてくれた。
それと、耳の掃除も。
そして、避妊手術の時期やフィラリアの予防食の説明をしてもらい、十分お話をして、診察室を後に。
聞いてはいたけど、フィラリアの薬って可愛いんだね。

blog2_20080905211746.jpg


¥お会計は・・・
9種混合注射代・・・5,000円
フィラリアの予防食(2ケ月分)・・・1,000円
合計・・・6,000円!
肛門絞りも耳の掃除も検便検査もしてもらったのに、これだけとはキラキラ(オレンジ)
何と良心的な病院なんだろう・・・と感激しながら家に帰りました~


blog1.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。