過ぎゆく愛しい日々

5月が終わろうとしています。

春は長女の高校受験に、
初大相撲観戦に、磔磔のクラムボンのライブに、
その他諸々と目まぐるしく、名残惜しい季節でしたが
今月もなかなか素敵な出来事ばかりでした。


目の前に控えている6月をどう楽しむか、手帳をみつめております。



で、5月のピックアップ写真。







海岸沿いを仲間と走ったマラソン大会。
アップダウンに悲鳴をあげました。







京都ロームシアターでの舞台「猟銃」前の腹ごしらえ。
2列目からの中谷美紀さんに脱帽。







梅田のヒルトンからの朝焼け。
(娘たちライブ両日観戦によりお義父さんのおかげで宿泊できました。)
何もかも便利でありがたさで一杯でした。






大阪中之島のバラ園を通って朝ラン。
清々しさや道に迷ったりで予定外に12キロ走りました(笑)







楽し過ぎたクラムボンのライブ!@大阪BIGCAT
アンコールのナイトクルージングに涙。
今現在も、余韻でやり過ごす始末。







くるり、ついに8歳!

少しシニアな様子も伺えますが
とにかく食欲旺盛で、元気です。

今のところは心臓の雑音も出ていませんが
注意しながら、無理せず見守っていきます。
いつまでも、なんてわがままは望まないけど
出来るだけ長く一緒にいたい。
毎日が愛おしい。



スポンサーサイト

ぶらり立木山

この冬一番の大寒波。
勝手口から見た冬の空がきれいだった。
まだ雪は降っていない。






先日、旦那とくるりと近くの立木山へ厄除祈願のお参りをしてきた。




正面ではなく、裏手の参道がいつものコース。
片道20丁、約2キロ。(1丁は約108mだそう)





途中休憩も挟み、50分程で到着。





いいお天気でしたが、風が結構吹いてましたので、揺れる耳毛。

かなりの賑わいの立木山だったので、また2月にもゆっくり訪れたいと思います。



昨日は、寒い寒いと、ホカペでゴロゴロ。
くるりと転がりながら本谷さんの新刊を読む至福の時間。






降るかもしれない雪に気をつけながら、今日も過ごしたいと思います。





2016年、ソラ。



昨年もついこの間も







溜め息をつくような綺麗な空を見上げた。






今年も、昨日も今朝も



脚を止めて空を見上げた。
いつだって空は美しい。



今年も幾つもの空を見る事ができますように。
ハッピーな1年になりますように。

今年も宜しくお願いします。


会いたい人

日に日に寒くなってゆき、日が昇るのも遅く
早朝がやや辛い季節になってきました。
しかし暖冬ということでどうなることやら。


昨日は、旦那の伯父さんがハワイからいらしていたので共に紅葉狩りを。




今年も行けないのかと危惧された石山寺に行けて
便乗とはいえ大いに紅葉を楽しみました。
毎日のように仁王様には早朝ご挨拶しているのに。


最後にお父さんが迷子になってしまったのが笑えましたが。







寒がりのくるりは、慌ただしい朝もマイペースの定位置。






先日は梅田にて川上未映子さんの新刊記念のサイン会。

正直ドキドキが止まらなかった。
新刊小説の「あこがれ」について
「会いたい人がいて会えるんなら ぜったいに会いにいったほうがいいっていう、そんな話でもあります」
と、川上さんがインタビュー等でおっしゃっていた。
私も最近身に沁みてそのように思うのです。
だから、お会いできて本当に嬉しかった。
まだこれから読むと伝えると、「感想聞きたいわぁ」とおっしゃった。





とても気さくで綺麗で、良い香りがしてた。
彼女の本を好きでよかった。

舞台やライブや、備忘録。


もうそろそろ来年のスケジュール帳を、とか年賀状発売開始だって!
・・・なんて時期になってきたので、備忘録的にほんのり振り返り。

2015年春から秋の舞台及びライブ記録でも抜粋。





結びの庭(上)、不倫探偵(下)

麻生さんがとにかく観たくって、席が近くたっぷり堪能。
不倫探偵に関しては、二階堂ふみちゃんと片桐はいりさんがパワフル。
面白い松尾スズキ氏、大好きです。






6月のサケロックの解散ライブ@両国国技館!

人生初の桝席に大興奮。
ライブは良すぎて良すぎて夢のような時間でした。
昼まで仕事→家事→新幹線→ライブ→夜行バス!
翌朝早くに大津に到着。朝ごはんは魚を焼き、子供を起こしました。
このラストライブは2015年の一番の思い出です。

そして行く前から国技館を研究するあまり、大相撲がダイスキになってしまったという・・・
次は是非相撲観戦で足を運びたいです。






クラムボン(上)とハルカトミユキ(下)

盛り上がる会場との一体感ハンパなかったクラムボン。
前のお席のジョンレノンン風な男性の激しいダンスに洗礼をうけました。
「はなさくいろは」で感動し「yet」で涙が出た。

(ハルカトミユキはお写真がなく、とっても行きたかった野音の写真を。)
本当は、京都のsolecafeにてアコースティックライブに行きました。
元々小さなお店の最前列。
1m先で歌うハルカさんは女神のよう。
足の先からギターを弾く長い指先まで美しい人でした。
お店を出た所で野音ライブの「約束のチケット」なるものを
ハルカさんから受け取ってしまったけど、結局行けなかった。


10月は何もなく、ただひたすら日常の雑務と
粛々と向き合っております。


11月は楽しみと苦しみが待っております。
では、また。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。